スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金剛福寺 パートⅡ

CIMG0272 (600x800)

ダンボーの旅はまだまだ続きますが
ほへ~と見上げて・・・この場所は凄い圧倒された場所でもあります。
写真には写りきってませんが、凄い数の仏像がありました

CIMG0273 (800x600)
足摺と言えば亀の言い伝えがあるようです。

亀呼場(大声で亀を呼べば亀が浮び出る)大師海中にある不動岩に渡り修業せんとすると
き亀を呼び沖の不動岩に渡り修業したと伝えられてます


その亀様の足に失礼してダンボーとパシャリ
CIMG0274 (800x600)

そしてこの口から水の出てる亀は、
手洗い場の亀です
手洗い場は徳島はは龍がメインでしたが、滝もあったりとさまざまです。
CIMG0275 (600x800)

岬は、濃緑の樹海と白亜の灯台、それに断崖に砕ける波涛、観世音さんの浄土を連想させ、自然の大庭園に圧倒させられるのだが、ここにたどり着く遍路の旅もまた壮絶を極める。前の三十七番札所から80余km、いまは車で約2時間余、歩いたら約30時間、3泊4日はかかり、四国霊場の札所間では最長距離で、まさに「修行の道場」である。
今回も何人か歩き遍路さんを見ましたが。。。
ほんまに大変そうで、中には数人で回る人や、1人で回る人・・・
そして遍路道に入って行く人、遍路道は山中になります。
車道を歩くより距離は短い様ですが、、、
体力不足や足腰が弱ってる人はおススメ出来ない様な道の様です
この場所は四国最南端でもあり、この道の反対側には足摺岬へ降りて行けます

修行は煩悩消滅という事で、3人が行きたいとか見たい食べたいと言うセリフを言う訳にもいかず

車でいってもある意味過酷ですが、、、
前回徳島を回ってる際私も兄貴も煩悩前回で、いきなりの大雨や雷に合い

真面目に回る事を決めたのです


いつか・・・88か所歩き遍路したいな~と思ってますが。。。四国はこたわんので、
小豆島88か所歩こうかと兄貴と話中です
四国88か所は早い人で40日程度で回りきるようですよ
私ならきっと1年とかになってしまいそうですが・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://40010shochubank.blog.fc2.com/tb.php/305-0266acab

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。