スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国霊場5番札所

嵯峨天皇(在位809〜23)の勅願により、弘仁12年弘法大師が開創された。大師は、自ら約5・5センチの勝軍地蔵菩薩を彫られ、本尊に安置したと伝えられる。その後、淳和天皇(在位823〜33)、仁明天皇(在位833〜50)の3代にわたり天皇家が篤く帰き依えされた。さらに紀州・熊野権現の導師を務めていた浄函上人が霊木に延命地蔵菩薩像を刻み、その胎内に大師作の勝軍地蔵菩薩を納められたとも伝えられている。この勝軍地蔵菩薩の信仰からか、源頼朝、義経をはじめ、蜂須賀家などの武将たちが多くの寄進をしている。これらの寄進により寺領は拡大し、阿波、讃岐、伊予の3ヶ国におよそ300を数える末寺ができ、塔頭も26寺にのぼったと伝えられる。



しかし、天正年間(1573〜92)の長宗我部元親による兵火で、これらの堂塔はことごとく灰燼に帰した。その後、歴代の住職や僧侶、信者たちの尽力により堂宇が整備拡充され、いまでも寺領は40,000平方メートル(12,000坪)にもおよぶ古刹である。本堂左の参道をとおり、石段をのぼったところが奥の院で、ここが羅漢堂である。安永4年(1775)の創建で、五百羅漢堂とされていた。だが、大正4年参拝者の失火で罹災、いまは200ほどの等身大羅漢像がさまざまな喜怒哀楽の表情で並んでいる。境内の大銀杏。樹齢は800年を超え、母なる大木につつまれ歴史が刻まれている。


この地蔵寺のご神木は・・・銀杏ですが・・・さすがご神木です!!

なんと

樹齢800年?!


91e8d9036293c2b383bd5fa32bff65e1.jpg


DSC_1556 (640x428)


近くまで行くと凄い迫力のある銀杏でしたが・・・・

凄いですね~。800年の月日このご神木様は人々を見守り続けてくれてます。

ここの境内は行くと改装中で本殿や太師堂の写真をまったく撮ってなかった事に今気付きました



地蔵寺の見どころ
勝軍地蔵像


甲冑を身につけ、右手に錫杖、左手には如意宝珠をもち、軍馬にまたがる勇ましい姿をしているが、悪者を退治し、災いを祓ってくれるという地蔵さん。
淡島堂

和歌山県の淡島神社の分身とされ、万病封じの守護神。
水琴窟

本堂前にあり、澄んだ琴の音色が聞ける。


その他、院の奥へ進んでいくと・・・


五百羅漢
も拝むことが出来ます。

lrg_10097616.jpg



この中には必ず亡き人に似た顔があると言われている様ですね。今度ゆっくり一人一人のお顔を拝見させて頂くようにします


つい最近までこの大正はまとまった雨が降らず・・・田畑は水不足で困ってましたが、
この数日降ってくれたおかげで水不足解消?になったのかな~

雨のせいであちらこちらで災害が起きてますが、1日でも早く復興作業が終わる事を心より祈っております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://40010shochubank.blog.fc2.com/tb.php/295-411fb23d

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。